乳頭がん その12 手術後2ヶ月検診

この内容はあくまでいち患者の感想です。
お心あたりのある方はご自身で判断されず、必ず専門医の診察を受けてくださいね。

その12は手術2ヶ月後検診の模様です。

コロナ外出制限最終日だけれど

今日は緊急事態宣言、まん延防止措置の最終日。
朝8時前の最寄り駅は、ターミナル駅に向かう電車は普通に混んでいます。
でも私の乗った各駅停車はかなりゆとりがありました。
明日からどうなるのかな?と思いつつ、2か月目の検診に向かいます。

今日の待ち状況

9時少し前に到着、先月と違いフロアは人でいっぱいです。
気候が良くなったからでしょうか、受付番号も254と先月より50ほど大きい数字です。
同じフロアにある採血室周りも人が多く10分ほど待ちました。

採血後に見た「携帯確認くん」もこの状況でしたが、実際の診療は1時間待たずに受けられました。
手術後の再診だからこうですけど、通常の診察は数時間待ちかもしれませんね。

実際、診療後の会計で1Fに降りたら人で溢れかえっていました。
これが噂に聞いていた本来の姿なのかなぁ・・・

アブレーションはひとまず見送り

術後2か月の血液検査結果

本当は今日「アブレーション」(放射線カプセル飲治療)予約をするつもりで来院しました。
あらためて治療のメリット・デメリットをお聞きし、また血液検査結果を見て、この治療はひとまず見送って今後の定期検査結果で考えましょうとなりました。

その理由は
1.そもそも予防対策ではない(前からお聞きしていた)
2.「HTg」が順調に下がっていて、腫瘍マーカーとして十分に判断できる状態にある
3.この治療は甲状腺がん細胞が対象で他のがんには関係しない

その代わり年齢的にも全身のがん状況を調べられる「PET」を勧められました。
ただ伊藤病院ではできないので、自宅近所で受けられる病院に紹介状を書いていただけるそうです。

いずれにしても手術あとが落ち着かないと検査結果にも影響が出るそうで、今後状況を見ながら時期は考えたいと思います。

チラージンは少し減り

ここ数日、ごくまれに心臓がばくばくしたり脈の乱れを感じるときがありました。
検査結果でも甲状腺ホルモンが少し多めの値になっているそうで、前回1錠増やしたチラージンは半錠分になりました。

術後2か月が経ち、もう手術前と同じ生活はできていて食事や他の制限も一切ありません。
ただ、貧血気味の数字(異常値ではない)が出ているとのことなので、レバーとか鉄分多めの食材を意識して食べようかなと思います。

まー、あちら収まればこちら出て。
これも「お年ごろ」なんでしょうね笑。

ところで飲食生活の見直しで、体重はピーク時からー6Kg、年初からー3Kg減!
顔もほっそりとして周りから「痩せた」とか、「別な病気なんじゃ!?」とか言われてます苦笑。

でもここからは変動しないし、体調もすこぶる良いので大丈夫でしょう。
毎晩時間をかけて飲む一杯の焼酎お湯割りがお美味しいなぁ。
手術してよかった。

ということで次回検診は2か月後なり。
その間にコロナワクチン打っておきましょうかね。

その13に続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。